« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月27日 (土)

「こんなのはじめて」通販続報

 『BOOTH』で始まった通販ですが、今現在売り切れて在庫がない状態で大変ご迷惑をお掛けしております。申し訳ありません。なにしろ「こんなのはじめて」なもので、いろんなことが後手に回ってあたふたとしております。

 当初の予定では追加四十部だったのですが、4月5月のイベントに予定していた分も入れて、全部で百部を追加納品します。それが在庫に反映するまでにはまたしばらく時間が掛かりますが、必ず入荷しますのでしばらくお待ち下さいませ。

 それから増刷が決定しております。
 部数などに関してはまだ不明ではありますが、ご希望の方の所には必ずお届けできるようにいたします。しばし、しばしお待ちを。

 続報あり次第ブログとTwitter(ハッシュタグは「#konnano」)でお知らせします。
 今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2016年2月26日 (金)

WEB通販始まりました。

官能アンソロジー『こんなのはじめて』。
お待たせしました。
いよいよ通販が開始しました!
まずは『BOOTH』へ。
中に入ったらそこで『こんなのはじめて』を検索して下さい。

『「こんなのはじめて」に一致する商品は0件です』と出てきてびっくりしますが、その下に『「こんなのはじめて」に関連するR-18商品は6件あります』のボタンが出てきますので、それをクリック。

な、なんと『こんなのはじめて』の書影が出てくるではありませんか。
当然ですが。
これで全国津々浦々どこからでも入手が可能になりました。
送料は一律320円。
支払い方法は色々と用意されております。

転売などの可能性を考えて、お一人様一冊の制限を設けております。
複数冊ご希望の方にはご迷惑をお掛けすることになりますが、諸般の事情をご理解いただきご寛恕くださいますようよろしくお頼み申し上げます。

ええと、今のところ五〇冊預けておりまして、すぐに追加で四〇冊を納品します。
つまりは合計九十冊。
さらには増刷も考えておりまして、まず間違いなく欲しい方の手に入るようにいたしますので、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2016年2月17日 (水)

『こんなのはじめて』続報

官能アンソロジー同人誌『こんなのはじめて』ですが

BOOTHでの通販も開始されました。ですが現在在庫が売れ切れておりまして、改めて百部納入の予定です。それまでしばらくお待ちくださいませ。

それからイベントでの販売予定があります。
まず4月7日~5月10日にギャラリーカフェPupuで開催されるYOUCHANさんの個展で販売されます。

次に5月1日の文学フリマと5月5日のコミティアでも「おがわさとし雑貨店」にて委託販売されることになっております。

どちらのイベントも、詳細がわかり次第ご報告させていただきます。

できる限り欲しい方のところに届くように手配しておりますので、よろしくお願いいたします。

そうそう、忘れる所でした。
隆祥館書店では同人メンバーが集合してのトークイベントを3月27日(日)に開催することが決定しております。
今のところはイベントをすることだけしかわかっておりません。
これまた内容や参加者など詳細が決定次第お知らせいたします。

以上、『こんなのはじめて』関連続報でした。
ほんとに同人活動が初めてなので、要領がわからず色々と問題山積みなのでありますが、より多くの方が楽しめるように考えてなんとかやっております。
これからの展開も楽しみにしていてくださいまし。

| | コメント (0)

2016年2月14日 (日)

こんなのはじめて

 でたよ、でましたよ。とうとうでました。

 R18の官能アンソロジー『こんなのはじめて』。(興奮社/マッパノベルズ)定価は1000円(税込み)。
Photo
 参加者、及び作品タイトルはこれだ。

『玩具』小林泰三『グリーン・オニオンズ』田中哲弥『ウツクシイコト』YOUCHAN『貝を吹く公達』田中啓文『ライフログ』我孫子武丸『裸番長マリー』 磯田さわ吾『犬の子』近藤史恵『鰻』北野勇作『獣を踏む』牧野修

 関西では「書肆アラビクと「隆祥館書店にて委託販売を開始しています。東京では現在委託先と交渉中。
 既にそこそこ売れちゃってるの報告ありましたです。
 ありがたいっす。

 通販はBOOTHをご利用ください(別途郵送料320円要)。BOOTHへの納品完了には7日~2週間ほどかかりますので、配送はそれ以降になる予定です。しばしお待ちを。

 これ以外にもイベントなどでの販売も計画しております。
 何か追加情報がありましたら、随時Twitterなどで公表していく予定です。

 さて、みんなは本当にエロいのを書いたのか。そして描いたのか。
 それは観測したあなた次第。
 それまではエロと非エロが半分ずつ封じられているのです。
 このことに関してもうすこしえげつないエロ仮説を書こうかと思いましたが、自主規制しました。

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »